プロフィール

あすか

Author:あすか
住処:札幌市南区





記事に関係のないコメント、
スパムに関しては
即刻削除させていただきます。

いくつになったの

最近のコメント

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

とまどいと喜びと1杯のコーヒー
あたたかい旦那様とゆー(5年生)みぃみぃ(2年生)、ひろ(5歳)そして私ののんびり生活。トモエ幼稚園満喫中♪
卒乳2日目
上二人との違いをしみじみ実感。
言い聞かせが功を奏したのか、触らない。言わない。
しかし抱っこも若干拒否。パパがいるとパパ抱っこ。
まだまだ匂いがあるのかもしれない。

さすがに張って痛い。圧抜きで出すのだけど、それすら痛くて(苦笑)
いつどうなってもいいように眠りが浅いせいかふらふら(苦笑)

夜寝るときはパパにじゃれ、歌を聴いているうちに自分で自分のクッションに頭をこすり付けて寝る。
ベッドに入ってから眠るまで30分かかってない。すごい。

夜中に一度起きた時、パイ!!と泣く。
触ってもいいよと見せたら吸い付こうとしたのであわてて離れて隠す。
一瞬泣くが、水をあげてお腹を枕にさせたら寝た。

スポンサーサイト

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児

卒乳だよ、おっかさん
本日、卒乳。

今回は一気にやめてしまう断乳ではなく、きちんとお話しして、言い聞かせての卒業。

きっかけは先日の入院でかなり強く貧血が出てしまったこと。
私自身もちょっとふらふらするところがあって、迷って助産師さんに電話。

すると「おっぱい離れをするタイミングなのかは普段の生活でわかりませんか?」
そこで改めて思い返してみると、食事の量はそれなりだし、
トモエではどんどんいろんな人と関わっていっている。
母と一緒に過ごす時間は思っていた以上に短い。

それならば、やめてしまおう、と。

美味しい母乳にするべく21日にマッサージに行ったとき、
私と助産師さんの話を脇で聞いていたひろはしょんぼり。
まるでこれでおっぱいが飲めなくなるとでも思っていたのか、
そのあとの授乳では上目づかいに確認しながら飲んでいました。
もうわかっているんだなぁ、と思ったのはこの日からやけ食いスタート。
今までの倍量は食べてます。予想つかなくて大変(苦笑)
そして前の日には何度も授乳。ちょっとめそめそ君でした。

当日。朝ごはんの後、最後の授乳。
自分で口離して遊び始めたので、もうお別れだよ、いいの?と聞くと
「ばいばーい」と手を振る。
ほんとにおしまいだよ?というと「うん」と言うので、
筆ペンの魔法をかけてアンパンマンとドラえもんに変身させました。

魔法かかったよ、と見せるとひろは一瞬ビビって後ずさり。みー大爆笑。
しばらく見てさわってから離れたから、もうしまうならひろがしまって~とお願いした。
腰が引けたまま服をさっとおろし、離れて安堵した表情。
そんなに怖かったのか…

この日は結局、パイと言うと見る?と聞き返したところ断固拒否。
そんなに怖いか?とゆーに見せると、爆笑のち怖いわ、それって。と感想が。

寝かしつけの時、さすがに寝付きは悪いし泣くし大変だったけど、飲みたがることなく終わる。

頑張ってます。

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児

祝!1000記事目!!
今さっき、ひろの入院記録UPしたら、999記事目でした。
ということはこれが1000記事目!

いやぁぁぁ
長いねぇ。だらだらと誰に見てもらうわけでもなく書いてるけど(笑

えっと、ゆーを妊娠した時に始めたんだから、ちょうど8年くらい?
一番古いPOSTは2005年12月9日でした。

一区切り。ここでやめます!…とはいかず、
まだまだ成長記録として書いていきますよ。
8年で1000。2000前には辞めちゃう気がするけど(笑

テーマ:ひとりごと - ジャンル:結婚・家庭生活

愚痴った後にまたも入院
いやはや。
これは終わってのんびりしてから書いているんですがね。

冗談で「去年の今頃(11/10)入院してるからまたかもねぇ。オーバーホールかねー」とのんきに言っていたら。

11日にかかりつけへ受診するも夜になっても熱は下がらず、上がる一方。
12日朝、電話して再受診するか様子見るかを聞いたところ、
念のため大きい病院に行った方が…と言われました。

すでにゆーは学校、みぃみぃはトモエに行く気満々なので連れて行ってから病院へ。

結果、RSウィルスによる肺炎と中耳炎の併発でした。
そりゃ下がらんわ。

レントゲン写真を見て、あー入院だなぁとわかるくらい肺の影が…

しかし、幸いにして酸素量は完璧ではないものの多く
(95%くらい。ひどい子は80%台になる)
抗生物質と脱水が見られたため水分の点滴をしましたが、
14日の朝には尿量の多さに水分の点滴は外してよいね、と。
熱も13日夕方には平熱へ。
席や痰がちょっと切れなかったので週またぐかな…と思ってましたが、
病院のベッドが足りなくなってしまい、半ば追い出されるような形で退院となりました。

点滴のチューブがつながっている間は殊勝にしてましたが、外れてからは暴れまくり^^;
サークルベッドの柵を蹴り、隙あらば脱走を試み、
隣のベッドとの仕切りカーテンを開いていないいないばぁ!をやりだしたりとまぁまぁ…
隣の方がいい人でよかった^^;

RSで入院するこの中では年齢的に大きい方なので、体力もあり、ひどくはならなかったようです。
…と思って去年の入院の記事見たら、やっぱり4日間で退院してた。
経過もほぼ同じ。丈夫なんだかそうじゃないんだかよくわからないな(苦笑)

この間、上二人はどうしていたかというと。
母に来てもらってゆーは学校、みぃみぃはトモエへ行っていたのでした。
パパの会社に近い病院だったので、何かあっても来てもらえたし、助かった。

個人的には耳鼻科受診の際、中耳炎の写真を見せられて(中度だった)
切開するか迷うんですよね…と先生に言われ、あぁそうですねぇと返したところ、
「医療関係者ですか?」と聞かれたことがビックリでした。
ごめんなさい先生、私、患者の立場がものすごく長かったんです。
中耳炎5回くらいやってるし、大きくなってから一人で病院通ったりしてたから、
写真見ても驚かないし、切開言われても平気です。

肺炎のレントゲン写真も覚えたし、医療系のにわか仕込みがまた増えちゃったなぁ。
血液検査の結果とか説明なしで大体読めちゃうのはありがたいけどね…

あ、ひろはもう元気です。
咳もないし、鼻ちょっとくらい。
貧血が出てしまったのと、急遽退院だったから経過見るのに受診しますけどね…
ひろさんへの愚痴
母業は年中無休、24時間営業。
わかってる。
夜中に辛くなって旦那さんを叩き起こしたとしても翌朝起きないことにイライラするからできない。
子供たちにも夜中起こすのはママにしてねって言ってある。

自己責任、わかってる。

でも夜中に1時間半ごとに起こされ、ワケわからない要求をされ、叶えても違うと泣かれ、放置しても泣かれ、咳き込んでは吐き戻す。
一度に出す量が少ないから被害も少ないけど、消耗するのに変わりはない

夜中にこうだから昼間長く寝てるかと言えば全くなく、私が寝入った頃に発狂したかのように泣いて起きて言うこと聞かないとさらに怒る。

もうやだ…

久しぶりにキテるわ。

魔の二歳児なんだろうなこれが。
体調不良と相まってパワーアップしてるのよねきっと

まとまって3時間、ひとりで寝る時間をください。切実。

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード